目的別おすすめプロテイン » 効果をさらに高めるプロテイン初級マニュアル » プロテインの効果を高める方法 » プロテインの効果を高めるには消化能力が重要

実は知られていない事実…
効果を高める
消化能力?!

タンパク質を補給しても、その栄養素が上手に体に取り込まれなければ、最大限の効果は期待できません。タンパク質の吸収・利用という意味で特に重要な臓器は肝臓で、その肝臓に栄養素を送り込む胃腸の働きも大切。そこで今回はその「消化能力」についてまとめてみました。

タンパク質を補給しても、その栄養素が上手に体に取り込まれなければ、最大限の効果は期待できません。タンパク質の吸収・利用という意味で特に重要な臓器は肝臓で、その肝臓に栄養素を送り込む胃腸の働きも大切。そこで今回はその「消化能力」についてまとめてみました。

消化のメカニズム

消化のメカニズム

食物は口から入ると、食道、胃、小腸の入り口である十二指腸を経て、全長6~7mある小腸へと送り込まれていきます。胃は食物を一時的に保管しておく袋のような形をした筋肉の臓器で、食物が入ってくるとうねるような動き、かき混ぜるような動きを繰り返して、食物に胃液と消化酵素を混ぜ込み、かゆ状に分解します。

そのかゆ状の食物は十二指腸から小腸へと送り込まれ、小腸では腸液、胆汁、膵液(すいえき)に含まれる消化酵素によって、糖類がブドウ糖などの単糖に、脂質が脂肪酸などに、タンパク質がアミノ酸に分解されます。分解された各種の栄養素は小腸の腸管から吸収され、門脈という静脈が集まった血管を通って肝臓に運ばれます。肝臓は消化・吸収された栄養素を人体で利用できる形に作り替え、血液にのせて心臓に送り込みます。

重要な役割を果たす肝臓

肝臓は人体の中で最も重い臓器で、厚みがあり、「化学工場」や「貯蔵庫」などと形容される大切な内臓になります。1.2~1.5kgといった重量があり、人体右側のお腹の上側に収まっています。他の臓器とは異なる血液循環の仕組みをもっていて、以下のような極めて重大な働きを担っています。

  • 胆汁を作る
  • 栄養素を作り替える
  • 有害物質を解毒する
  • 栄養素を貯蔵する

肝臓の働き1
胆汁を作る

肝臓には、胆汁という液体を作る働きがあります。胆汁には胆汁酸という成分が含まれており、脂肪分を吸収しやすい形に分解する働きが知られています。胆汁は黄金色をした粘り気のある液体で、肝臓の細胞で作られると、胆管という管で集められて、肝臓の下にある胆のうという袋に貯蔵されます。食事を口にすると、その刺激を受けて胆のうの袋が収縮し、胆汁が絞り出されます。胆汁は管を通って小腸の入り口、十二指腸へと押し出されていきます。

十二指腸は胃袋から送り込まれてきた食物と胆汁を混ぜ込んで、小腸のさらに奥へと食物を送り出し、脂質の消化・吸収を進めます。そもそも便が黄色い理由は、黄金色をした胆汁が便に混ぜ込まれている証拠で、胆汁に含まれる胆汁酸が、食物(脂質)の消化・吸収に利用されていると、便を見ても分かります。

肝臓の働き2
栄養素を作り変える

プロテインに含まれるタンパク質はもちろん、脂質、糖質など食物から得られる栄養素は、そのままでは人体に利用できません。そのため、人体用に作り替える必要があります。栄養素を人体で利用可能な形に作り替える作業を代謝と言い、肝臓は人体の中で代謝を一手に引き受けている極めて重大な臓器になります。

例えばプロテインサプリメントに含まれたタンパク質は、小腸でアミノ酸の形に分解され吸収されると、門脈という静脈を通って肝臓に送り込まれます。肝臓は送り込まれたアミノ酸を使って毎日、人体に利用可能なさまざまなタンパク質を50gほど作ります。

肝臓の働き3
有害物質を無毒化する

肝臓には代謝以外にも有害物質を無毒化する解毒機能も備わっています。肝臓は送り込まれてきた物質を、酸化、還元、加水分解、抱合などさまざまな化学反応を駆使して、毒性の少ない水溶性物質に作り替え、尿などを通して体の外に排出させます。腸から送り込まれたアンモニアも尿素に作り替え、尿の中に排せつします。

肝臓の役割の
キーワードは代謝!

植物や動物などの食物から得た栄養素は、そのまま人体では利用できません。プロテインに含まれたタンパク質も一緒。一度バラバラの形に分解して、人体に使える形に作り替え、血液にのせて全身に運び込む必要があります。その栄養素を作り替える作業を代謝と呼び、代謝を担っている重大な臓器が肝臓です。以下には肝臓が行う代表的な代謝をまとめました。

糖質代謝

ごはん、パン、めん類などに多く含まれる糖質は、体のエネルギー源として使われます。糖質は小腸でブドウ糖に分解されて、肝臓に運び込まれます。肝臓ではグリコーゲンという形で貯蔵されて、必要に応じて肝臓から再びブドウ糖の形で放出され、血液に乗せられて全身でエネルギー源として利用されます。

脂質代謝

糖質(炭水化物)、タンパク質に加えて三大栄養素とも言われる脂質も、肝臓で代謝されて人体に利用されます。脂質はまず、小腸の入り口である十二指腸で胆汁と膵臓(すいぞう)で作られる酵素と触れ合って、遊離脂肪酸とグリセロールという物質に分離されていきます。小腸の粘膜で吸収されたら、さまざまな経路を経て肝臓に取り込まれ、人体で利用可能な形に作り替えられます。

【重要】タンパク質代謝

三大栄養素の1つであり、トレーニングによって力強い肉体、しなやかで美しい筋肉を作りたい人に大切なタンパク質も、肝臓で代謝されます。肉や魚、プロテインなどに含まれたタンパク質は、胃、小腸を経てアミノ酸に分解され、小腸で吸収されて門脈という静脈から肝臓に運び込まれます。肝臓ではアミノ酸を使って、さまざまなタンパク質が作り出されます。その量は1日50g程度。タンパク質は血液にのって心臓に送り込まれ、心臓から全身に送り届けられます。肝機能が向上すれば、その分だけタンパク質代謝も促されます。肝臓はトレーニングによる効果を高めてくれる鍵を握るとも言える、重大な働きをしています。

肝臓が健康でないと
タンパク質が筋肉に届かない!

肉や魚など食物から得たタンパク質は、そのままでは人体で利用できないため、小腸でアミノ酸に分解し、肝臓で再び作り替えて、心臓から全身に送り出す必要があると紹介しました。肝臓が1日に作るタンパク質の量は個人差があるものの、平均して50g程度。しかし、肝臓の機能が低下し、タンパク質の代謝機能が衰えれば、全身の筋肉に十分なタンパク質が届かなくなり、トレーニングをしても思ったような結果が期待できなくなる恐れもあります。

肝臓の機能が弱まっているときに
タンパク質摂取は良くない

肝臓には解毒機能も備わっています。食物中のタンパク質から作られるアンモニアの解毒も肝臓が行っています。小腸に生息する細菌によって食物に含まれるタンパク質からアンモニアが作られると、門脈という静脈から肝臓に運び込まれて、肝臓によって尿素に作り替えられ、尿のなかに排せつされていきます。しかし肝機能が低下した状態でタンパク質を過剰に摂取してしまうと、腸内の細菌によって作られたアンモニアの解毒作業が滞り、人体にマイナスの影響を及ぼす恐れが出てきます。

肝機能を整えるには
アミノ酸が必要不可欠

肝臓は人体で極めて重大な働きをするため、肝臓そのものに大きな再生能力が与えられています。少しくらいのトラブルであれば、自分で回復できるくらいの力があるため、病気になっても自覚症状が少ない、「沈黙の臓器」と言われています。しかし肝機能の日常的な向上は、トレーニングによって最大の成果を得たい人たちには必須の課題です。肝機能の向上に役立つ栄養素(アミノ酸)がいくつかありますので、以下に紹介したいと思います。

  • アラニン

    アラニンは非必須アミノ酸(人体で作られるアミノ酸)の一種で、お肌の美しさなどにも役立つ栄養素として知られていますが、肝機能の強化に働くとも知られています。アルコールやアセトアルデヒドの代謝を早め、肝機能をサポートします。

  • グルタミン

    アラニンと同じく、非必須アミノ酸の1つです。肝機能の強化が知られており、アルコールやアセトアルデヒドの代謝を早めて、肝機能を強力にサポートします。他には、免疫細胞を助け、免疫力を高める働きも知られています。

  • スレオニン

    トレオニンとも呼ばれる必須アミノ酸で、ニシン、卵白、トビウオ、かつお節、大豆など食物から積極的に得たい栄養素です。必須アミノ酸の中でも最後に発見された栄養素で、肝臓の脂肪の増加を防ぎ、肝機能の働きをサポートします。

  • アルギニン

    腸管内で作られたアンモニアを処理する臓器が肝臓だと言いました。利尿作用を高め、アンモニアを体外に素早く排せつする働きをもった非必須アミノ酸が、アルギニンです。肝機能を強化し、疲労回復、疲労軽減などを促します。

アミノ酸を摂るなら
サプリメントがおすすめ!

肝機能を高める栄養素は全てアミノ酸です。中には食品から補わなければいけない必須アミノ酸も含まれていました。例えばスレオニンが多く含まれる食品は、ニシンやトビウオ、かつお節、大豆などになります。普段からバランスのいい食事を意識できている人であれば問題ないかもしれませんが、日常的に食事で補い続けるとなると、少し大変ですよね。その意味ではアミノ酸を豊富に含んだアミノ酸サプリメントの形で摂取するという手も、十分に考えられます。

肝機能を整え
理想の代謝を実現させる
サプリメントは
MUSASHI

トレーニングの効果を最大限に発揮したいのであれば、タンパク質を上手に代謝する必要があると紹介しました。その代謝に関係する臓器は肝臓で、肝臓の機能を高める栄養素がアミノ酸です。

アミノ酸をサプリメントで補給しようとすると、いくつかの具体的な選択肢が思い浮かぶかもしれませんが、アミノ酸がブームになる以前からアミノ酸に着目し、フリーフォームの(消化が必要ない)アミノ酸を高配合したMUSASHIのアミノ酸サプリは、筆頭の候補になってくれます。プロのアスリートも数多く使用する商品ですから、トレーニングの成果を上げたい人は、チェックしてみてください。

監修者プロフィール

名前福田 郁子先生
所属施設情報楓の木接骨院院長(岐阜県岐阜市)
取得している資格柔道整復師・栄養士・介護福祉士
行っている活動について紹介「どうしたら治るんだろう?」「どうしたら怪我しなくなるんだろう?」といった、今後の予防まで一緒に考えていく治療をモットーとし、中高生スポーツ選手から高齢者まで、地元で幅広い信頼を獲得している。