目的別おすすめプロテイン » おすすめプロテインメーカー紹介 » アミノバイタル

超コンパクトでシェイカー要らず!手軽に飲める

アミノバイタル

アミノバイタル

アミノバイタルはスティックタイプのプロテインなので、シェイカーが不要です。いつでもどこでも飲みたいときに飲めるのが特徴。賢く筋肉をつけたいと思っている人にも最適です。商品の特徴や口コミについてみていきましょう。

アミノバイタルのプロテインの効果など
おすすめの理由

アミノバイタルの「アミノプロテイン」は大手食品メーカー味の素の製品。レモン味、カシス味、バニラ味、チョコレート味の4種類があります。すべての味に共通しているのはスティックタイプであること。おすすめの理由をご紹介します。

1回分が約4gとコンパクトでお腹にたまらない

アミノバイタルは1回分が約4g。少量でも必須アミノ酸とホエイプロテインがしっかり配合されており、ほかのプロテインと同等の効果が得られます。お腹にたまらないので、食事にひびかないのもうれしいポイント。身体づくりに必要な食事の邪魔になりません。

スティックタイプなので
シェイカーなしですぐ飲める

アミノバイタルはスティックタイプで、そのまま飲むことが可能。持ち運びがしやすいうえに、シェイカーが要らないのでいつでもどこでも飲むことができます。シェイカーを使うのが面倒な人や、荷物を少なくしたい人にはぴったりです。10本入り、30本入り、60本入りの製品が販売されています。

スポーツに欠かせないアミノ酸も摂取できる

アミノバイタルにはBCAAをはじめとするアミノ酸類を配合。必須アミノ酸は体内でつくることができないので、外から補う必要があります。アミノバイタルのアミノプロテインならこうしたアミノ酸とプロテインを同時に摂取できるので、運動効果が高まるのです。

アミノバイタルのプロテインの
商品スペック

PRODUCT1

アミノプロテイン

アミノプロテイン
目的 体力づくり
レモン味、カシス味、バニラ味、チョコレート味
内容量・価格 10本入り、30本入り、60本入り
主な原材料 ホエイたんぱく、アミノ酸他

アミノバイタルのプロテインの評価

アミノプロテインの愛飲者からの口コミ

  • ほかのプロテインと比べると割高な印象ですが、飲みやすいのはとてもいいと思います。特に、シェイカーが要らないので、プロテインをつくって容器を洗う手間から解放されました。スポーツジムや屋外にも気軽に持っていけますし、さっと飲めるのが気に入っています。
  • 今までのプロテインはつくったり洗ったりするのが面倒で、長続きしませんでした。シェイカー不要というところに惹かれてこちらの商品を試してみたら、とても楽だったのでよかったです。お腹が膨れないのもうれしいですし、疲れにくくなった気がします。
  • これまでプロテインの味が好きになれず、買ってきても最後まで飲めずに捨ててしまうこともありました。これはサプリ感覚でさっと飲むことができるので気に入っています。レモン味はのどごしがさっぱりしていて、プロテインへの苦手意識がなくなりました。
  • 味の種類が多く、チョコレート味がおいしいと感じました。牛乳とあわせて飲むのがおすすめです。味が気に入らないとなかなか続けられないので、プロテインの味は重視したほうがいいと思います。スティック状なのでさっと飲めるところも気に入っているポイントです。

アミノバイタルのプロテインは
どんな人におすすめ?

アミノバイタルのアミノプロテインがおすすめのタイプは以下のとおりです。

シェイカーを使うのが面倒くさい人
プロテインを飲んだ後、シェイカーを洗うのを面倒に感じていた人は多いのではないでしょうか。アミノバイタルはスティックタイプで、パッケージから直接飲むことができます。

食事をしっかり摂りたい人
プロテインを飲むとお腹が膨れてしまい、食事が入らないという人もいるでしょう。本来プロテインは補助的な役割で、身体をつくるためには栄養バランスの良い食事を摂る必要があります。アミノバイタルは1回分が約4gなのでお腹にたまりにくく、食事もしっかり摂ることができるのです。

スポーツのためのアミノ酸も摂りたい人
アミノバイタルはその名のとおりアミノ酸も配合されたプロテインです。体のなかで生み出すことのできない必須アミノ酸が含まれているので、身体づくりに役立ちます。スポーツでより高いパフォーマンスを上げたい人にもおすすめです。

実は…理想の体作りで重要なのは
消化能力代謝

消化能力と代謝

体作りには、タンパク質などの補給はもちろん大事ですが、きちんと消化・吸収されなければ、せっかく摂った栄養も体に活用されず無駄になってしまいます。

そのため、タンパク質などの効果を最大限に発揮させるには「消化能力」を整えることが大切です。

詳しく見る

消化能力と代謝