目的別おすすめプロテイン » 筋肉を作るために絶対おさえておきたいアミノ酸の話 » アミノ酸の種類 » プロテインのおすすめ成分チロシンとは

チロシン

チロシンは苦みが特徴のアミノ酸で、神経伝達物質の原料となることで知られます。また、色素を作り出す働きを持っており、特に髪の健康に関わるなど白髪予防にも役立つアミノ酸です。現代人に欠かせない成分、チロシンについて紹介しましょう。

チロシンとは

苦みを感じるアミノ酸

1846年、ドイツの科学者によってチーズから発見された成分がチロシンです。アミノ酸の中でも口に含むと苦みを感じるのが特徴で、日常的に感じる例としては、完熟する前のバナナやアボカドといったフルーツ類を食べたときに感じる「青臭い苦み」。これは、チロシンが多く含まれているためです。

効率良くチロシンを吸収する方法として、糖分との組み合わせが知られています。そのため、上記のようなフルーツを食べるのは非常に合理的。熟れすぎてしまうと成分が目減りしてしまうため、完熟する前に食べられるフルーツを選びましょう。

神経伝達物質の原料

チロシンの大きな働きのひとつに、脳内にあるノルアドレナリンやドーパミンといった興奮・緊張を促す神経伝達物質の原料となる点があげられます。脳内でこれらの物質が不足してしまうと、無気力や無関心を引き起こし、うつ病の原因に。こうした症状を感じているなら、原料のチロシンを摂取することが望ましいです。

興奮状態を引き起こすとイメージされるノルアドレナリン・ドーパミンですが、一方でふさぎこみがちな神経を奮い立たせてくれるもの。うつ状態の脳に対しては有効な働きが期待できます。

チロシンの効果

ストレスの軽減

ストレスを和らげる働きがすることがわかっています。これは、うつ状態の改善と同じくドーパミン・ノルアドレナリン生成の原料となるため。ストレス状態になっている神経は、これらの物質が不足することで攻撃性を増します。症状の緩和のためには、物質の分泌バランスを図るチロシンの働きが欠かせません。

また「慢性疲労症候群」にも効果が期待されます。生活環境のストレスが原因とされる同症状は、なんとなく気だるいといった状態が持続することで、さらにストレスをため込む悪循環が続いてしまいがち。チロシンを摂取することで神経伝達物質の生成が促され、改善に近づきます。

白髪の予防

チロシンは体内でメラニン色素を合成します。メラニン色素と聞くと、シミやソバカスの原因というイメージが先行するかもしれません。しかし、髪が黒いのはメラニン色素のおかげであり、メラニン色素が不足すれば白髪が増えていきます。チロシンは色素の材料として体内で使われており、髪の健康には欠かせません。

また、髪や肌の色素が少なくなると、紫外線の強い刺激を直接皮膚に受けやすくなり、皮膚がんや皮膚炎といったスキントラブルの原因にもなりやすいことが知られています。白髪を予防するほか、紫外線から肌を守るのに役立つ大切な働きを持つ栄養と言えるでしょう。

うつ症の改善

チロシンは脳内にある神経伝達物質の原料となります。ノルアドレナリン、ドーパミンといった神経細胞は興奮を起こす指令を受け渡しており、やる気や集中力を発揮するのに必要です。

体内からチロシンが不足した場合、うつ状態や無気力になりやすいと言われています。慢性化すると、感覚や感情が鈍る、不眠や食欲不振が続くといった身体症状の要因に。日常生活にも大きな影響が出るうつ病となってしまいます。

うつ状態の人の脳を調べたとき、チロシンが減少傾向にあることは判明済みです。興奮状態を促すことから、精神を上向きにさせる作用も見込めるでしょう。

チロシンを含む食材とは

チーズと大豆はチロシンを豊富に含む二大食品

チロシンはチーズや大豆に多く含まれる栄養素です。どちらの食品も100gあたり1,000mgを超えるチロシンが含まれています。これらの食品は付け合わせとして取り入れやすく、日常的な摂取も難しくありません。

なお、大豆を加工食品として食べる場合は、納豆よりも豆腐や豆乳のほうがチロシンは豊富。大豆食品はたんぱく質をはじめとした栄養素を摂取しやすいため、健康を目指すうえでも意識的に取り入れてみましょう。

乳製品や魚介類のほかフェニルアラニンもチェック

牛乳が含有する「カゼイン」と呼ばれる栄養素にもまた、チロシンは多く含まれています。カゼインはプロテインの一種で、スタミナ維持に役立つ成分。牛乳に含まれるたんぱく質のおよそ8割を占めており、プロテイン商品には必ずと言っていいほど配合されています。このほか、マグロやカツオといった赤身の魚介類にも豊富です。

p>さらにチロシンは、必須アミノ酸のフェニルアラニンから体内でも合成可能。上記のようなチロシンの多い食品と合わせて、フェニルアラニンの摂取を意識すると良いかもしれません。

Summary

ストレスの多い現代人
におすすめ

チロシンはうつ状態・無気力・無関心・意欲がわかない・集中力が維持できないなど、現代人を悩ませるストレス症状の予防・緩和に役立ちます。反対にこうした症状は、チロシン不足によってアドレナリンやノルアドレナリン、ドーパミンが減少していると考えられるでしょう。

またストレスによる不眠や過眠も、チロシンが鍵を握っていることがわかっています。さらに、白髪の抑制や集中力の向上など、人の健康や精神的な向上を司る神経伝達物質を生成するのがチロシンの役目。ストレスに囲まれた現代人には、欠かせない働きをするアミノ酸と言えそうです。