目的別おすすめプロテイン » 筋肉を作るために絶対おさえておきたいアミノ酸の話 » アミノ酸の種類 » プロテインのおすすめ成分!イソロイシンに期待できる効果

イソロイシン

イソロイシンは健康維持に欠かせない必須アミノ酸のひとつです。疲労回復や筋肉の修復・強化作用が期待でき、速やかなパワーチャージができることからスポーツドリンク、サプリメントにもよく使われています。このほか生活習慣病予防への効果も指摘されるなど、各分野から注目を浴びている成分です。

イソロイシンとは

バラエティ豊かな効果を持つ必須アミノ酸!

イソロイシンは、「スポーツで消費したエネルギーをチャージする」「筋肉を修復して強くする」「血管を拡張して細胞の新陳代謝を高める」といった働きを持ちます。さらに近年、血糖値の急激な上昇を抑える効果や、肝機能の向上にも役立つことが明らかになり、生活習慣病対策の分野でも関心を集めました。

必須アミノ酸のなかでも、イソロイシンは筋肉と密接な関係にある「BCAA(分岐鎖アミノ酸)」に分類されます。上手に摂取することで体のコンディションが整い、健やかな生活を送ることにつながるでしょう。

BCAAの働きとイソロイシンとの関係とは?

イソロイシンをはじめとして、バリン、ロイシンの3種は栄養学上「BCAA」というカテゴリに分類されます。BCAAは、スポーツマネジメントの分野で注目される必須アミノ酸。人間の筋肉を構成するたんぱく質のなかに、これら3つのアミノ酸が約35%もの高い割合で含まれていることがその理由です。運動時に失われるエネルギーをサポートし、筋肉量の維持やボトムアップの手助けをするため、アスリートとBCAAは切り離せない存在にあります。

なかでもイソロイシンは疲労回復の効果に秀でており、スポーツ時の栄養補給に使われることも珍しくありません。

イソロイシンの効果

神経機能の維持

筋肉への優れた働きに加え、イソロイシンは神経機能を正常化する作用を持ちます。脳からの指令をスムーズに末端組織に伝えられるようになり、集中力や思考力、判断力の向上を感じられるはずです。

人は集中するとき、脳からの命令によって興奮作用の高い神経伝達物質を分泌し、集中しやすい状態へと導きます。この神経伝達物質の材料にイソロイシンが使われることから、摂取によって仕事や勉強がより捗るようになるでしょう。このほか、神経障害の原因となるビタミンB12欠乏症の予防・改善にもイソロイシンが深く関わっていることがわかっています。

肝機能の向上

肝機能の向上や肝硬変の改善が見込まれることから、医学の分野でもイソロイシンの活用は進んでいます。

肝硬変に特徴的なのは、症状が進行するにつれ血中のアルブミンとBCAAが減少し、フェニルアラニンやチロシンといったAAA(芳香族アミノ酸)は増加する点。その患者にアルブミンとイソロイシンを含むBCAAを投与すると、肝臓内でたんぱく質の合成が促進され、症状の回復が期待できるのです。肝機能の安定にはアミノ酸が欠かせず、そのバランスを図ることで肝硬変の緩和につながるでしょう。

そのほかの効果

上記のほかイソロイシンには糖尿病の改善、髪・肌のコンディションを整える効果も報告されています。

糖尿病患者が食後、のどの渇きや頻尿、ひどい眠気に襲われるのは、急激に血糖値が上がったことで糖質をコントロールするインシュリンの分泌が追いつかなくなるため。この場合、イソロイシンの摂取により糖質を筋肉に送り込みやすくなり、血液中へ流れる糖分を抑える作用が期待できます。

また、髪の主成分であるたんぱく質の一種・ケロチンは、アミノ酸が原料。良質なアミノ酸であるイソロイシンをヘアケア用品に取り入れれば、美髪づくりを目指せます。加えて体内のイソロイシン量が低下すると肌トラブルを引き起こすとも言われており、スキンケアの鍵を握る存在と言えるでしょう。

イソロイシンを含む食材とは

マグロやカツオなど赤身魚や動物性たんぱく質に豊富

イソロイシンが多く含まれるのは、動物性たんぱく質の食品。1食あたりの量で計算した場合、クロマグロなら赤味100g、刺身は7切れ分に1,200mgのイソロイシンが含まれています。生の豚ロースの赤身は100gで1,000mg、鶏卵1個あたりでおよそ336mgです。

筋肉や血液成分であるヘモグロビンを筆頭に、体内組織を作るにはイソロイシンが不可欠。毎日の食事に魚介類や豚肉、卵を上手に取り入れてみてください。

大豆製品や乳製品にも比較的豊富なイソロイシン

上記以外にも、イソロイシンは身近な食品のなかに含まれています。特に大豆は100g中に3,900mgもの含有量を誇る優秀な食材です。豆腐や納豆、豆乳や油揚げなどは食事にも取り入れやすく、自然とイソロイシンを摂取できるでしょう。

またパンの原材料となる酵母菌、チーズ、唐辛子やコショウといった香辛料にもイソロイシンは豊富と判明しています。

Summary

イソロイシン
どんな人におすすめ?

イソロイシンを積極的に摂取したいのは次のような人です。

  1. 体づくりをしているアスリートや運動選手
    トレーニングにより傷ついた筋肉の修復、筋肉量の維持、筋肉を強化したい人に適しています。
  2. 成長期の子ども
    筋肉をはじめ神経機能や髪、肌など体の成長にはイソロイシンが欠かせません。毎日の食事から取り入れることで、健やかな発育をサポートします。
  3. 肝機能や血糖値が気になる人
    肝臓の働きの向上、血糖値上昇を抑制する効果が期待できるため、普段の食事に取り入れるようにしましょう。

実は…理想の体作りで重要なのは
消化能力代謝

消化能力と代謝

体作りには、タンパク質などの補給はもちろん大事ですが、きちんと消化・吸収されなければ、せっかく摂った栄養も体に活用されず無駄になってしまいます。

そのため、タンパク質などの効果を最大限に発揮させるには「消化能力」を整えることが大切です。

詳しく見る

消化能力と代謝