目的別おすすめプロテイン » 筋肉を作るために絶対おさえておきたいアミノ酸の話 » アミノ酸の種類 » アスパラギン酸の特徴と効果

アスパラギン酸

アスパラギン酸は、その名前からも分かるようにアスパラガスに多く含まれる成分です。体内での生成も可能な非必須アミノ酸の一種で、エネルギー代謝やミネラルの運搬、神経伝達物質として作用。似た名前のアスパラギンとは、お互いに深い関係を持っています。

アスパラギン酸とは

アスパラガスに含まれるアミノ酸

アスパラギン酸は、アスパラガスに多く含まれるアミノ酸の一種です。体内のエネルギー代謝や毒性のある物質の排出などに関わり、神経伝達物質としても働きます。体内では大脳皮質や小脳、脊髄に存在している成分です。

同じくアスパラガスに由来するアミノ酸として、「アスパラギン」があります。アスパラギン酸はこのアスパラギンの加水分解物から発見されました。いずれも体にとって有毒なアンモニアの排出に関わっていますが、このふたつは別々の物質であり、持っている効果や働きにもそれぞれ違いがあります。

即効性のエネルギー源

まず特筆すべきはアスパラギン酸の即効性です。エネルギー代謝を促進し、溜まっている疲れやスタミナ不足を改善してくれるでしょう。栄養ドリンクの成分に、アスパラギン酸が含まれていることも少なくありません。

これは同成分の持つ、クエン酸回路というエネルギーを生み出す回路を活発にさせる働きのためです。またアスパラギン酸は、エネルギーのもとであるグリコーゲンの生成も促進します。グリコーゲンは筋肉や肝臓に蓄積され、パワーが必要なときにエネルギーに変換されます。スタミナの向上を促すためにうってつけのアミノ酸と言えるでしょう。

アスパラギン酸の効果

エネルギー生成を促進

アスパラギン酸はクエン酸回路の働きに大きな役割を果たします。クエン酸回路とはエネルギーを生成し、疲労物質の分解を行うサイクルのこと。これに必要なカリウムやマグネシウムなどのミネラルを取り込みやすくしてくれるのが、アスパラギン酸です。

ミネラルがクエン酸回路に取り込まれると、サイクルがスムーズになり、疲労物質や乳酸をエネルギーに変換する働きが促進されます。病気やストレスによって、ミネラルの消費は進むもの。このときアスパラギン酸の働きによって細胞へと十分なミネラルが運ばれ、エネルギーの生成をサポートします。元気な体を維持するためには欠かせない物質と言えるでしょう。

アンモニアの排出

アスパラギン酸は、尿の合成の過程にも関係しています。体にとって有毒な成分アンモニアは、無毒化し尿にすることで体外に排出することが可能です。アスパラギン酸とアスパラギンには、このアンモニアの排出を促す働きがあります。

「アスパラギンシンテターゼ」という酵素が働くことで、アスパラギン酸とアンモニアが合成され、無毒なアスパラギンを生成。有毒なアンモニアを無毒化するため、安全かつ体内に悪影響を与えない状態で貯蔵することができるのです。また、アスパラギン酸には利尿作用もあり、体内の毒素をスムーズに排出する効果も期待できます。

スキンケア効果

肌の新陳代謝や保湿などのスキンケア効果を高めたい人にとって、アスパラギン酸はとても有効な成分です。肌にはターンオーバーとよばれる細胞の生まれ変わりのサイクルがありますが、アスパラギン酸はそのターンオーバーを促進する働きが期待できます。肌を健康な状態にして、若々しさを保つことができるでしょう。

また、肌の潤いを保つ働きをすることから、角質の水分保持能力がアップ。このようにアスパラギン酸には高いスキンケア効果が見込めるため、保湿剤や肌荒れ防止剤などとして用いられています。

アスパラギン酸を含む食材とは

アスパラギン酸はいろいろな食品から摂取できる

アスパラギン酸が多く含まれている食品は、アスパラガスをはじめとした野菜や、タンパク質豊富な肉類、乳製品などがあげられます。野菜では、大豆もやしやサトウキビなどにも含まれており、肉類としては鶏肉や豚肉、またサバなどの魚、牛乳からも摂取可能です。アスパラギン酸は非必須アミノ酸ですが、加齢とともに合成される量は減少しがちなので、積極的に食品からの摂取を目指しましょう。

いろいろな加工品にも配合されているアスパラギン酸

栄養ドリンクやスポーツドリンクなどに、アスパラギン酸が配合されていることがあります。経口・経腸栄養剤、アミノ酸輸液などにも用いられており、ヨーロッパでは利尿剤としてアスパラガスの根を使うこともあるようです。アスパラギン酸は、ローヤルゼリーにも豊富に含まれています。ローヤルゼリーならミネラル分の含有量も多く、エネルギー生成の促進に相乗効果が期待できそうです。

Summary

疲れやすい方食生活の乱れ
が気になる方におすすめ

アスパラギン酸は体内で合成される非必須アミノ酸ですが、加齢とともにその合成量は減少します。不足することで体内のエネルギー生成は遅れ、乳酸が溜まり、疲れやすくなってしまうでしょう。日々の生活で疲れやすいと感じる人は、アスパラギン酸の合成量不足を疑って食品からの摂取を試みてはいかがでしょう。

アスパラギン酸が多く含まれている食品は、肉や魚、野菜などさまざまあり、通常の食事で摂取不足に陥る心配は少ないでしょう。しかし、乱れた食生活ではアスパラギン酸が不足することもあるため、意識的に食材を取り入れる工夫も必要です。