目的別おすすめプロテイン » 筋肉を作るために絶対おさえておきたいアミノ酸の話 » アミノ酸の種類 » アスパラギンの特徴と効果

アスパラギン

アスパラガスから発見されたアミノ酸のひとつ、アスパラギン。有害成分の排出や神経系の機能に関係しています。非必須アミノ酸なので体内での合成もできますが、不足すると健康へのリスクともなりかねません。アスパラギンの働きを知り、日々の生活に上手に取り入れましょう。

アスパラギンとは

アスパラギン酸とアンモニアから生成されるアミノ酸

アスパラギンは非必須アミノ酸です。つまり体内での生成が可能であり、アスパラギン酸とアンモニアから生成することができます。アスパラギンとアスパラギン酸、名前は似ていますがこれらは合成と分解によって補完しあう関係です。

体内でアスパラギン酸からアスパラギンが合成され、その後アスパラギナーゼという成分の作用によってアンモニアとアスパラギン酸に分解されます。つまり、アスパラギン酸が不足するとアスパラギンも不足することになるでしょう。関係は深く似ているように見えますが、それぞれ別の働きを持ち、人間の健康を支えています。

神経や脳組織の細胞機能の代謝に関わるアミノ酸

神経や脳の組織の代謝とアスパラギンは大きく関わっており、元気な活動や脳の健康を維持するのに役立っています。このほか体にとって有害なアンモニアの処理、肌の代謝の活性化などもアスパラギンに期待できる働きです。

仮に不足してしまうと、体はうまくアンモニアを分解できず、血中アンモニア濃度が高くなり、脳や脊髄など全身に指令を送る中枢神経系に悪影響を及ぼす恐れがあります。アスパラギンは非必須アミノ酸ではあるものの、食事から積極的に摂ることで健康を後押ししてくれるでしょう。

アスパラギンの効果

運動時の持久力を高める

アスパラギンはクエン酸回路に関係しており、エネルギー代謝を促進させる働きがあります。クエン酸回路とは、体内でエネルギーを作る際に疲労物質である乳酸をエネルギーに変換する機能です。効率良くエネルギーを作り出して、疲労の原因物質の生成を抑制。スタミナの向上と疲れからの早期回復を促して、持久力を高めます。

スタミナを維持し、疲労しにくくなる効果が期待できるため、スポーツやトレーニングを行っている方は特に注目したい成分です。また、筋肉を動かすためのエネルギー源である、グリコーゲンの生成にもアスパラギンが関係してます。

尿の排出を促進

上述のとおり、アスパラギンは有害なアンモニアを無毒化する作用を持ちます。このアンモニアを排出するために重要なものが、尿の存在です。このことから、尿の合成に関係しており、尿の排出を促してデトックス効果が期待できるでしょう。

アスパラギン酸は、体内でアンモニアと結合してアスパラギンを生成する働きがあるため、同様にアンモニアを安全な形で溜める機能を持つと言えます。アスパラギンとアスパラギン酸のふたつの働きによって、アンモニアの毒性から体の健康を守っているのです。アスパラギンが不足しアンモニアが増えすぎると、疲れやすくなり、免疫力の低下をも引き起こす原因となります。

タンパク質を合成して丈夫な体を作る

筋肉や内臓を作るタンパク質構成要素としても、アスパラギンは欠かせません。自然界におよそ500種類もあるアミノ酸のうち、人の体を作ることができるのはたった20種類。アスパラギンはそのうちのひとつであり、不足することで体力や免疫力が失われたり、血管がもろくなったり、内臓機能が弱る恐れがあります。

アミノ酸はそれぞれの種類がバランスよく揃っていないと、上手にタンパク質を作れません。もちろん体作りのためにはアスパラギンをはじめとした非必須アミノ酸のバランスも大切であり、食品から補うことも大切です。

アスパラギンを含む食材とは

アスパラガスの根と茎に含まれているアスパラギン

名前からも分かるように、アスパラギンは野菜のアスパラガスから発見されました。無論アスパラガスの根や茎などに多く含まれているほか、大豆やジャガイモなども代表的な食品です。これ以外で注目したい食材は、発芽した豆類。たとえばもやしなどを積極的に食事に取り入れることで、効率良くアスパラギンを摂取できるでしょう。

肉類・乳製品にも多く含まれているアスパラギン

アスパラガスの芽から発見されたアミノ酸ではあるものの、じつはアスパラギンは比較的いろいろな食材に含まれるアミノ酸です。もちろん鶏肉などの肉類にも含まれており、動物性食品ではそのほか魚介類、乳製品などからも摂取することができます。また、アスパラギンはアスパラギン酸から生成されるため、しらすやかつお節、牛肉などアスパラギン酸を含む食品の摂取も忘れてはいけません。

Summary

スタミナ不足で
疲労が溜まった人
におすすめ

アスパラギンは神経や脳を守り、エネルギーを作り出す働きを持っています。またエネルギーを作り出す過程において、疲れの原因となる乳酸の抑制にもアプローチ。こうした作用から、アスパラギンはエネルギーの代謝がうまくいかず、スタミナ不足に陥っている人や疲労が溜まっている人におすすめと言えます。

またアスパラギンの持つエネルギー生成や疲労回復の働きは、効率的なトレーニングにも有用です。筋力アップを目指している筋トレをしている方も、積極的に摂りたい成分でしょう。非必須アミノ酸であるため体内でも生成されますが、不足する前に適宜食事で補ってみてください。