目的別おすすめプロテイン » 筋肉を作るために絶対おさえておきたいアミノ酸の話 » 何から摂ればいい?アミノ酸の摂取方法

アミノ酸
摂る方法

人間の体に必要なタンパク質を作る20種類のアミノ酸は、もちろん自然界の動物や植物の中に存在しています。よって動物や魚介類の肉、豆類を中心とした野菜をバランスよく口にすればいいのですが、偏った食事しかとっていない人は、どうすればいいのでしょうか。そこで今回はアミノ酸の摂取方法についてまとめます。

人間の体に必要なタンパク質を作る20種類のアミノ酸は、もちろん自然界の動物や植物の中に存在しています。よって動物や魚介類の肉、豆類を中心とした野菜をバランスよく口にすればいいのですが、偏った食事しかとっていない人は、どうすればいいのでしょうか。そこで今回はアミノ酸の摂取方法についてまとめます。

食材アミノ酸を摂る

人の体づくりに必要なアミノ酸は、自然界に存在しています。よって肉類や魚介類、豆類を中心とした野菜を日常的にまんべんなく摂取していれば、バランスよく体にアミノ酸を供給できます。

しかし食事のバランスが崩れると、一部のアミノ酸が過多になり、逆に一部が不足するといった状況に陥りかねません。例えば必須アミノ酸のうち、BCAAと呼ばれる必須アミノ酸3種は、どれかが多すぎたり不足したりすると、期待できる機能が発揮されなくなります。さらに体重減少などの影響が出る恐れも……。美しいカラダづくり、力強い肉体づくりのためには、バランスの良い食事が不可欠になるのですね。

  • 肉類

    鶏肉、子牛の肉、レバー、牛肉、羊肉、ハムなどには、さまざまなアミノ酸が含まれています。例えばBCAAの1つであるイソロイシンは、鶏肉、子牛の肉などに特に多く含まれています。さまざまな肉類の日常的な摂取が望まれます。

  • 魚介類

    タンパク質の豊富な魚介類にも、さまざまなアミノ酸が含まれています。例えば必須アミノ酸のリジンは、サバ、サワラなどに多く含まれていて、ヒスチジンはイワシ、カツオ、マグロなどに豊富です。美肌効果のある非必須アミノ酸のグリシンはホタテ、エビ、イカ、カニ、カジキマグロなどに豊富に含まれています。同じく非必須アミノ酸のアスパラギン酸はマグロ、ウナギ、アラニンはシジミ、ホタテ、イカに多く入っています。

  • 乳製品

    乳製品にももちろん、各種のアミノ酸が豊富に含まれています。非必須アミノ酸のアルギニン、セリン、プロリン、必須アミノ酸のイソロイシン、ロイシンなどは牛乳に多く含まれていますし、チーズ、スキムミルクにもトリプトファン、バリン、スレオニン(トレオニン)などのアミノ酸が含まれています。

  • 豆類

    畑の肉と言われる大豆を中心とした豆類にも、豊富なアミノ酸が含まれています。必須アミノ酸のトリプトファンやフェニルアラニン、リジンなどは、大豆、高野豆腐、きな粉、納豆に多く含まれていますし、BCAAの一角であるバリンはゴマ、落花生などにも豊富です。

  • 卵類

    全ての栄養素がバランスよく含まれた卵にも、アミノ酸が多く含まれています。例えば必須アミノ酸のスレオニン(トレオニン)、非必須アミノ酸のグルタミンは卵に豊富。卵は完全食と言われるくらいさまざまな栄養素が詰まっていますから、日常的に適量を口にしたいですね。

  • 穀類

    穀物にもアミノ酸は含まれています。例えば非必須アミノ酸のセリンは小麦粉に、システインは小麦胚芽、オート麦に多く入っています。グルタミンは小麦粉、サトウキビ、アルギニンとアスパラギンは玄米などに豊富です。必須アミノ酸でも、メチオニンやロイシンはトウモロコシに豊富に入っていますし、ロイシンはホウレンソウのような野菜にも多く含まれています。

サプリメントアミノ酸を摂る

サプリでアミノ酸を摂るのがおすすめな理由

20種類のアミノ酸のうち、必須アミノ酸の9種類は体の中で作り出せません。適切に食事から補う必要がありますが、忙しい毎日で満足に食事がとれていない、食事が常に偏っているという人も少なくないはず……。アミノ酸が不足してしまえば、どれだけハードにトレーニングを重ねても、美しいプロポーションを得ようとジムに通っても効果は限定的です。食事のバランスに自信の持てない方は、アミノ酸サプリメントなど健康食品の補給が望まれます。

手軽にアミノ酸を摂取できる

アミノ酸を食事からバランスよく補給しようと考えると、栄養に関する知識が必要ですし、献立を意識的に考える必要が出てきます。プロのアスリート、モデルなどであれば気をつけられるかもしれませんが、普通の生活をしている人からすればちょっと大変ですよね。その点、サプリメントであればアミノ酸を手軽に、バランスよく、狙った分量で補給できます。たくましく力強い肉体づくり、美しいカラダづくりには、サプリメントによる補給が理想的だといえます。

食事に比べて効率的に吸収できる

食物から得たタンパク質は、吸収する前に胃や小腸でアミノ酸の形に分解しなければいけません。この消化・吸収のプロセスには3~4時間の時間が必要で、トレーニング後のスピーディーな栄養補給としては、時間を要しすぎるというデメリットがあります。その点、アミノ酸サプリメントなどを通して最初からアミノ酸の形で補給すれば、小腸から吸収されて肝臓まで栄養素が運び込まれるまでにかかる時間は30分程で、大幅に短縮できます。効率的な補給という面では、食事よりもアミノ酸のサプリメントに軍配が上がります。

必要なアミノ酸を
ピンポイントで補える

食品に含まれているタンパク質は、食品によって質、種類、量が異なります。その違いを考慮して献立を考える作業は、想像以上に大変です……。その点、アミノ酸サプリメントであれば、各商品によってアミノ酸の量が明示されていますから、普段の食事で「不足している」と感じるアミノ酸をピンポイントで補給できるようになります。

無駄なカロリーを摂らなくて良い

食事からタンパク質を摂取しようと思えば、当然一緒に脂質や糖質を口にする形になります。たくさんのタンパク質(アミノ酸)を摂取しようとたくさん食事を口にすると、その分だけカロリーを摂取してしまう心配もあるのですね。その点、アミノ酸サプリメントなら、余分なカロリーを摂取せずに必要なアミノ酸だけをピンポイントで吸収できるようになります。

Summary

アミノ酸は
サプリの摂取で補うのがおすすめ!

以上、アミノ酸の補給にはサプリメントが効率的だという話をしましたが、いかがでしたでしょうか。余分なカロリーを摂取せずに、不足しているアミノ酸をピンポイントで補給できるアミノ酸サプリメント。市場では何種類ものメーカーが商品を出していて、値段的にも経済的な商品がそろっています。トレーニングをしているのに結果が思ったよりも出ないという人は、毎日の生活の中にアミノ酸サプリメントをプラスしてみるといいかもしれませんね。

アミノ酸サプリメントMUSASHIシリーズ

アミノ酸サプリメントMUSASHI

1987年に開発されて以来、世界中のアスリートを始め、一般の方にも多く愛用されているMUSASHI。

現在では、ユーザーが求めるアミノ酸の種類や配合バランスなどの細かなニーズを満たすため、目的別に10種類もの商品がラインナップされています。この10種類は、単なる成分の組み合わせから成るものではなく、理想の代謝を成し遂げる目標のもとに開発されたもの。MUSASHIの特徴や30年以上もの間愛され続けている理由について詳しくまとめましたので、こちらもチェックしてみてください。

詳しく見る

MUSASHI_K`UN【クン】